Interview

消防設備を通して
誰かを助けたり
役に立てる仕事。

2018年入社

H.K設備部 設備課

工事現場では現場監督と打ち合わせをおこないながら施工管理する。責任感を持って向き合える仕事です。自分自身で設置作業をすることも多いので、資格を取得して担当できる仕事の幅を増やしていきたいです。

Time Schedule

ある一日の
タイムスケジュール

8:00

出社
出社、メール確認、当日の業務確認など事務作業。

9:00

現場作業
工事現場に入り現場監督と打ち合わせ、自身でも感知器や誘導灯を設置。

12:00

ランチ

13:00

打ち合わせ
消防署に移動して予防課の担当者と打ち合わせ、現場へ消火器などを納品。

16:30

デスクワーク
帰社後、見積書などの書類作成。

19:00

退勤

Join

一人ひとりが責任感を持って
仕事と向き合うのがサイボウ

消防設備・防災用具は災害が起きたときなど非常時に必要とされます。そういった設備を通して、困っている人を助けられたり、誰かのために役立ったりできる仕事だと思いサイボウに入社しました。
新卒で入社したので、防災の予備知識はありませんでした。いくつか存在する消防設備士の資格をひとつひとつ取得するための勉強をしたり、日々の業務の中では先輩から知識を教えていただいたりしながら、防災の知識・技術を学んでいます。また、日々の仕事量はきちんと調整され十分にあるので、充実した毎日を送っています。サイボウの社員は、様々な立場で活躍する人がいますが、一人ひとりが責任感を持って仕事に取り組んでいると感じられることも特徴的です。

Impression

正確な意思疎通こそが
スムーズな工事を実現する

新築の工事現場における、施工管理や工事の段取りをメインで担当しています。現場監督と打ち合わせながら、自分自身で設置作業をすることも多いです。新築工事なので消防署との連携が必要になる場面も多いので、消防署へ出向き書類手続きなどを進めることも。個人の目標数字があるので、それを達成させることを目指しながら仕事をしています。
現場ではコミュニケーションを一番大切にしています。作業を無事に終わらせるには、打合せが重要。そこで、自分自身の質問を相手に分かりやすく伝える、相手の質問に分かりやすく答えることを意識しています。

Mission

消防設備士としての
キャリアアップを目指して

仕事の効率を上げながら、正確にミスをせず、作業時間を短縮できるような方法を考えながら仕事をしていきたいです。また、消防設備士の残りの資格を早いうちに取得したいと考えていますので、休日の空いている時間を使って勉強したりすることもあります。1日も早く資格を取得し、対応できる仕事の幅を広げていきたいです。

Other Interview

先輩になんでも相談できる。
先輩はいつも声をかけてくれる。

Entry

エントリーを
お待ち
しております。

新卒エントリー 中途エントリー